主体的であれ

忙しさにかまけて久しぶりの投稿です。10月に入り弊社もいよいよ出勤する従業員が出てきました。そこで、本日は感心する出来事がありました。私は、前職の会社で多くの指示待ち社員を見てきました。指示待ち社員とは上司からの指示がないと仕事をしない人の事です。確かにサラリーマンというのは、指示された仕事をこなしていれば給料が入ってくるので自ら考えて行動しなくても一見、収入総額は変わらないように感じます。ですが、長い目で見るとこれは大きな間違いで、自ら考えて行動している人と、指示のみを淡々とこなしている人では、生涯賃金は大きく変わります。なぜなら周りは確かに見ているということです。自発的に主体的に行動をとれる人には、様々な新しい仕事が依頼されるでしょうし、何かあった時は意見を聞かれるようになります。逆に指示待ち社員には新しい仕事は入ってこないので、経験値に大きな差が出て、役職にも差がでます。結果、生涯賃金に差が生まれます。急がば回れです。弊社の従業員は、特に指示を出していなかったのですが、自発的に考え、暑い中、草抜きをしてくれたり、会社のSNSを立ち上げてくれたりと、主体的に動いてくれました。これは素晴らしいことです。とても嬉しい気持ちになりました。きっと若い彼らは今後、様々な経験を積んでいき大きな成長をすると思います。なぜなら新しい仕事が入ったときに、私は自発的に主体的に動ける彼らに仕事を任せるからです。彼らの成長がとても楽しみですし、また、その成長を見れるようにしっかりと経営していきたいと思います。それではおやすみなさい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。