ヒトの判断は正論ではなく感情

◯誠心誠意

みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?近畿地方は台風14号が上陸予定です。今のところ大阪は小雨程度ですが、昼以降は荒れそうです。不要不急の外出は控えめに。さて、今回のテーマですが、結局のところヒトも動物ですよね、という話です。都度都度、冷静な判断で意思決定しているようにみえますが、後から冷静に考えると、必要無いものを買っていたり、同じアドバイスでも好きな人の言う事は聞いたり、といった行動をとっていますよね。これは、明らかに「正論ではなく、感情によって判断している」ことになります。私も最近は不動産巡りをし、物件を探していますが、その中でも誠心誠意対応して下さる方がいます。今回は、立地的に他の物件にしましたが、いつか恩返しも込めて、仕事の依頼をしたいと考えています。

◯急がば回れ

今回のケースで言うと、創業間もない当社が借りる物件は金額としては少額で、おそらく不動産屋さんの手数料も少ないハズです。今後、当社が頑張って事業拡大を図る際に依頼する物件は、今回の数倍にもなるような規模になります。その際に、相談するのは、今回、誠心誠意対応して下さった不動産屋さんに依頼しようと考えています。長期的に見て、最も得をするのは、今回全く売上を得なかったが誠心誠意対応された不動産屋さんです。なぜなら創業時と拡大時では不動産に使える資金力が段違いだからです。

◯結局のところ…

今回、ブログを書くにあたって冷静になったところ、結局、ヒトの判断は感情なんだな、という結論に至りました。誠心誠意対応して下さった不動産屋さんは、お世辞にも規模が大きくないので、取り扱っている物件数も大手に比べると少ないです。ここで正論をぶつけた場合、大手に依頼した方が物件の選択肢が広がるのだから、絶対に取り扱ってる物件数が多い方がいい。ましてや、不動産屋さんとのやりとりは、借りたり購入した後は、そこまで機会が無いでしょ?となります。ですが、私は次に大きな物件を探す際は必ず、誠心誠意対応して下さった不動産屋さんに頼みます。理由は単純で、その人を気に入ったからです。他に理由はありません。これは理屈だけで考えると間違った判断のように思いますが、結局のところ、ヒトも動物という結論になります。気に入った人に大きく稼いでもらうのに理屈はありません。嫌いな人にお金を落とすぐらいなら好きな人にお金を落とすのが人間です。今回の話で唯一の懸念は、当社がそこまで事業拡大を出来るかどうかです(笑)その不動産屋さんに恩返しをしたい気持ちで溢れていますので、キッチリ出来るようにこれからも頑張っていきたいと思います。まだ、稼働していませんが。それでは、私も含めて気に入られる人になれるよう頑張っていきましょう。応援しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。